FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急便狩り

俺は急便に収集してもらうときはいつもケツワレだけ穿いて待機する。それも色んな汁の付いた黄ばんだやつを穿いて。

今日も収集頼んでケツワレで待機する。程なくチャイムがなりケツワレだけでドアを開ける。もう向こうの事務所でも噂になってるんだろう…ケツワレだけで出ていっても始めの頃みたいにはビックリされない。
今日の奴は何回目かの奴だった。見て見ぬ振りをしながら手続きをしてる。何事もなく手続きが終わり奴は出ていった。まぁいつもいつも上手いことにはならねぇな…と思いながら暫くすると、チャイムが鳴る。応対するとさっきの急便だ。手続き不備があったからと言うのでドアを開ける。と、しばらく無言状態。
『何か手続き間違いでしたか?』と聞くと、『あのぉ…いつもその恰好ですけど…お兄さんは変態なんですか?』ってf^_^;
『どう答えたらいいのかなぁ…単なる男好きなだけだよ。まぁ普通からしたら変態だよなf^_^;ってかその為に来たの?』って言うとまた無言…でも奴の股間は勃起してんのがわかるくらい張ってる。
俺は奴の股間に手を伸ばして揉みだした。奴は顔を真っ赤にしながらも嫌がることもなく揉まれるがまま。『時間があるなら上がっていくか?』と聞くと『あと一時間くらいであがるんでそれから来ていいですか?』だって。
一旦帰して奴の仕事が終わるのを待つ。俺は少しだけ↑↑キメて勃起させながら待機する。程なくして奴が制服のままで来た。薄暗くしたベッドルームに奴を呼ぶ。俺は奴に抱きつき勃起させたマラを奴の股間にグリグリ擦りつける。奴も無言のまま抱きつき同じ様にグリグリしだす。キスをしようとすると嫌がることもなくすんなり受け入れ舌を絡め出す。
『前からお兄さんの事きになってて…オナニーするときもお兄さんをおかずにしてたんです』って。『じゃあ今からは妄想やなくて生身の俺を使えよ。妄想では俺はお前にどう扱われてんだ?』『お兄さんを犯したり、犯されたりしてますf^_^;』
俺は奴に制服を脱ぐように言う。奴はシャツとパンツを脱ぐと何かエロいビキニ穿いてた。勿論すでに完全勃起しててマラの形がクッキリで先走りでシミまで付けてる。
『お兄さんのケツワレかなり臭そうですねぇ』『好きなだけ臭っていいよ』と言うと奴はケツワレに顔をつけてクンクン臭いだした。
『うっ…すげぇ臭いですよ。でも…』『でも何?』『でもすげぇ興奮する』『臭うだけやなくてしゃぶってもいいよ』と言うと奴はケツワレからマラを出すと旨そうにしゃぶりだした。
聞き出すと奴は女は知らないらしく男は学生時代に同級生にしゃぶられてから興味を持ち何回かしゃぶったりしゃぶられたが、セックスまでにはいかなかったらしい。ってことは俺が初めてのセックス相手になるらしい。これは久々の初物になるかも。初めてのセックス相手が俺みたいな変態兄貴とはちょっと気が引けるが俺風に変態仕様に仕込んでやるか(>_<)
『俺もしゃぶってやっから』と69態勢に。ビキニからいきり立った奴のマラをずり出し我慢汁ダラダラのマラをしゃぶる。汗で蒸れた良い感じのマラだ。カリ責めや玉舐めをしてヌルヌルドロドロの唾だらけにしてやる。ビキニをずらし奴のケツも舐めてやる。洗ってねえから臭ぇけどベロベロに舐めてやる。何も言わないのに奴は同じ様に俺のケツを舐め出した。
『そうだ。もっと舌を使って穴を舐めるんだ』『うん』
しばらくお互いのケツを舐めまくった後に奴のケツを洗ってやることに。バスルームに移動し初めてのシャワー浣腸。恥ずかしがってたが奴はずっと勃起したまま。きれいになったとこでまたベッドルームに。まずはこいつのケツをいただくとするか。仰向けにさせ自分で足を抱えさせケツ丸出し状態にさせケツマンを舐めまくる。ローションをたっぷりつけ指を入れてやる。少し痛がるが2本、3本と増やしRも吸わすとかなりいい感じにほぐれてきた。
『ケツに入れてもいいか?』奴はうんうんと頷くだけで声にならない。ヌルヌルになったケツマンに生で挿入。さすがにマラ挿入は痛そうだ。時間をかけ全部挿入ししばらくは動かさず抱きつきながらキスをする。顔中舐め合い唾だらけになった奴の顔はすっかり淫乱モードになってた。腰をゆっくり動かし奴のケツマンを味わう。締まりが良すぎてイキそうになるが寸止めを繰り返した後に奴のケツに種付けをする事に。
『イッてもいいか?』『うん』『中で出してもいいんだな?』『うん』
俺はガン堀り態勢になりたっぷり奴のケツに種付けしてやる。しばらく抱き合いながらゆっくりとケツからマラを抜くとトロトロとザーメンが垂れてきた。俺は種マンをベロベロ舐めてやった。ケツマンからザーメンを吸い出し口に溜めてからザーキスをしようとするとこれまたすんなり受け入れ奴の口にザーメンを移し舌を絡める。
『お前のケツに種付けした俺のザーメンだよ。飲んでみろや。』と言うとごくっと飲み干す。
う~んこいつはかなり仕込みがいがあるなぁ。ヌルヌルの俺のマラを口にもっていくとペロペロ舐めだした。すっかりきれいにさせてから今度は奴をイカせるか。
『今度はお前がイク番だよ』と言うと俺はギンギンになってる奴のマラに跨る。奴は始めは??な顔をしてたがわかったらしく俺の腰を持ち突き上げ態勢に。俺はローションを塗り奴のマラをくわえこんだ。すげぇガチマラで反り具合もいい感じだ。一気に腰を下ろし全部くわえこんだ。俺はゆっくりケツを動かすと奴も腰を突き上げてくる。
『あぁ~お兄さんのケツすげぇ気持ちいいです』『おかずにしてた時よりもいいだろ?』『うん。うん。うん』と頷く。ぐっとマラが堅くなったかなと思ったらケツん中でドクドクと種付けしてきた。『あぁイッちゃったぁ~。ごめんなさい』と謝られたf^_^;『何で謝んの?』『だってすぐイッちゃったから…』『じゃぁこの後ゆっくりまたすれはいいじゃん』『うん』奴な俺のケツにマラを入れたままニッコリ笑って腰をクイクイと動かした。俺もケツをグリグリと動かした。奴のマラは萎える事なく抜かずの2発目に。今度はさっきより時間かけて俺のケツを犯す奴。しばらくするとまたドクドクと種付けしてきた。ゆっくりケツから奴のマラを抜くとさっきまで俺のケツに入ってた奴のマラがヌラヌラとしてる。俺はそのマラを69態勢でしゃぶる。奴の顔の前にはホコホコになった俺のケツマンが。奴は俺がしてやったように種マンをペロペロと舐めてきた。『ケツに吸い付いてザーメンを吸い出してみろや』と言うとチューチューザーメンを吸い出してた。俺は力んで奴の口にザーメンを漏れだしてやった。『さぁ飲み込むんだ』と言うとごくっとまた飲み干した。俺がしたようにペロペロケツを舐めてる。
奴は明日がオフみたいなんで奴は俺の部屋に泊まることになったんでその日はその後お互いのケツを掘り合いした。体中ドロドロでザーメンや唾だらけに。
今じゃお互い無しじゃ居れなくなっちまったょ。奴にもケツワレ穿かせるようにしたし、俺も奴のお古の制服の貰って、お互いケツんとこ切り裂いて制服着たままケツマン掘り合ったり、野外でも盛り合うようにもなった。段々奴も変態度もあがり、超変態カップルになったよ。
ただ奴はヤキモチ焼きなんで発展しには行けなくなったけど、発展しに行くくらいなら僕がもっと変態になるからだってf^_^;これからは超変態道まっしぐらだな(>_<)
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

兄貴

兄貴は30代前半。俺は20代後半
兄貴は雄って感じのサル顔で凄くそそるんだ。
体はラグビーでバッグスとかやってそうなガタイかな。

お互いにR吸うと兄貴は生でやろうとする。
「いいのかよ?」と聞くと
兄貴は「生チン欲しい。太マラ欲しい」と言って自分のケツを、俺のマラに容赦なく擦りつけてくる。

俺は我慢出来なくなってオイルを塗って一気にブチ込む。
「ケツの中トロットロッじゃん」
「ありえないぐらい気持ちいい」と叫ぶ

またR爆吸して頭真っ白になる。
「あぁマジヤベぇ。チンコの事しか考えられねぇ」
兄貴をマングリ返しして掘り込む。
兄貴が顔を歪めて「アッ!アッ!」と
切ない声をあげるから俺も凄くあがる。
「気持ちいいんか?」
「あぁヤベぇよ。潮ふいちまうよ」
「もっとくれ。もっとくれ。」
「何欲しいんだよ?」
「生チンくれ。もっと奥まで。」
「これが欲しいんか?」と思いきりガン掘り。
「アンアン。すげぇ。すげぇ。」
その後、バックや駅弁などいろんな体位で掘りまくり。

さすがに疲れたんで最後は騎乗位で兄貴が上になる。
Rを爆吸してラストスパート。
この体位、すげぇ感じる。
普通はケツの中で中々イケないんだけど
ザー汁が上がってくる感じがわかる。
「種たくさん欲しいよ」
「いいか。イクぞ。種付けるぞ」
「いいよ。奥に種ブチこんで」
「アッー!」
声にならない声をお互いに上げて叫び
思いきりヤツの中に種付けした。
物凄い勢いの射精だった。

イったあとも兄貴のケツまんに擦りつけてやった。
やっぱり雄交尾はやめられない。

自衛官

J官になって教育時のこと。当番が決まっていて、教官の制服にアイロン掛け。ある日俺の番が来た。教官のロッカーを開け、制服を取り出そうとしたところ、写真が一枚。

教官の競パン姿だった。競パンの中央に、片手ではとても隠れないほどの塊!!思わずジーンとなり、教官の制服に股間をこすりながら、パンツの中でイッてしまった。

また当番が回って来た。高鳴る鼓動を抑えながら、ロッカーの扉を開いた。写真が伏せて置いてある。俺の股間ははち切れんばかり。競パン姿を目に浮かべ、股間ははち切れそう。そっと裏返しにすると、なんと全裸・・・。もう止まらない。下半身半裸になり、教官の制服を股間に押し当てた。

人の気配に振り向くと、にこにこした顔で、教官が立っており。「おいおい、俺の制服汚す気か。」ズボン穿いてちょっと来い。大変なことになったと思いながら、当直室へ・・・。

教官は「君がこちらの人間だと、わかっていたよ。」と言いながら、たちまち唇を奪われた。教官の分厚い胸に抱かれながら、いつの間にか全裸にされ、俺のいきり立ったものを口に含まれたり、肛門を舐められたり。先走りが止まらない。滴り落ちる寸前に教官の口内へ。肛門につめたいものを感じ、ローションが施される。

教官の太長が一気に入ってきた。痛いっ・・・。最初だけだった。ローションが中まで効いてきて、快感に変わる。肛門に根元まで咥え快感も絶頂を迎えた時、教官の、ウッと言う声とともに、トコロテンしてしまった。俺の精子は教官が手で受け止め、飲んでくれている。俺の肉棒に残った精液も綺麗に吸い取り、俺も教官のを靴に含み、ティッシュなどはいらない。

それからは毎日夕方になると、宿直室へ。教育が終わり、一戦勤務。時を同じにして共感も転勤。何のことはない、同じ部隊だ。隊舎ではもちろん、休みの日は一日中教官と体は繋がっている。

あれから3年、千回以上も教官(現在は上司)の精子を上下の口に頂き、毎夜抱かれている。もう離れられない。

新宿で遊んだ帰り

今日の夕方頃、友達と新宿で遊んだ帰りに、ずっとセックスしてなかったせいか、どうしてもヤリたくなった。
2つの某有名発展場に挟まれた細い通りで、誰かイイ人がいないか待ち伏せ。

少し待つと、ちょうどタイプな坊主でガッチリな人が通りかかる。
「ラッキー!」
2つのうち、新しい方の発展場に入ろうとしたので、「今から入るんですか?今日この発展場初めてで一緒にはいってください」って嘘ついて、一緒にはいりました。

ロッカーで脱いでるときに見ると、ガタイがよくって、うっすら脂肪がついて、めちゃエロい。
わからないふりして、暗闇に一緒に行くと、その人のあそこを触ってみた。その人は少しデカマラだったし、カリがはってて、「やりたい」って。
そしたら、手を引っ張って、個室に。はじめは夢中でしゃぶってると、だんだんイマラチオに。
エッチも激しくて最高だった!ケツ正常位でガン掘りしながらキスしてもらって(オレの一番好きな体位)、最後トコロテンでイキました!
まじ最高の相手だった。

生意気なガキ

出張で上京するとかって投稿にそう期待せずレスした。数日後の夜返事があり、大久保Dで待ち合わせ。
結構声がかかったんで、ドタキャンされたら遊ぶ相手も目星つけといた。
普段はタチだが、メールで相手もタチってわかってたんで、ケツの準備をした。
キメといたケツがうずき始めた頃、奴が来た。俺よりかタッパあるしキャップ目深にかぶって、すぐにわかった。

膝まつくしかなかった。すげぇ。それしか言いようがなかった。あっというまにギャラリーに囲まれたが、こいつをしゃぶれる俺が誇らしく感じるほどだった。メールのやりとりはあっさりだし口調も生意気だったが、今はその不遜な態度がぴったりだった。

一時間もしゃぶらされただろうか。ギャラリーが引き始め空間ができた所に俺は自分からケツ広げた。カリが入ってきた。その圧力に俺は鳥肌が立った。カリだけを出し入れしてるだけで俺は早くも追い詰められた。無謀にも奴のデカマラを自分からくわえ込むように鍛えあげたケツを差し出した。ぐおおおっっ。ぐおおおっっ。俺は頭が真っ白になった。

気がつくと俺は真っ赤な種汁を垂らしながら、何人かの野郎にいじくられていた。あんなチンポに出会って、まだガキとも思える野郎に突かれただけでイッちまった。でも忘れられない。

俺からのメールに返事がないまま数日、今度はホテルに呼び出し。俺はすぐに応じた。『兄貴のマンコ、まだ日が浅そうだから俺のサイズに合うようにしたるわ』とふてぶてしい態度のガキに俺は膝まづいた。

大久保Dで竿だけでも20、その上にゲンコツみたいにカリ張ったガキに堕とされちまった俺。
空手二段で腹筋撃つデカマラブイブイ言わせて普段からタチってる。百戦錬磨の俺の竿は黒々して大抵の奴はねだってきやがる。
ケツは数えるほどしか経験ないし、キメは俺が相手に仕込むものと決まってた。でも今回、俺以上の野郎に堕とされちまった。期待以上の奴だったせいか、ハマっちまった。俺とは一回りも違うまだ25になるかならないかの若僧に。

膝まづいた俺は、さっそくキンタマねぶらされた。ペロベロなんてもんじゃなく、でっけぇの二つ詰め込まれて舌も使えない状態で、頭つかまれてデカマラ顔面にぶつけられた。
『できないならいいぜ。こいつ欲しがる野郎いっぱいいるんで』顔色一つ変えずにいい放ったガキは容赦なく腰を使ってきやがった。俺はただ喉の奥まで精一杯開いているマンコに過ぎなかった。

やがて食道までくわえ込まされた竿が引き抜かれ、カリだけねぶらされた状態でガキは両手で竿をしごいた。『よう見とけ』すげぇ眺めだった。根元から竿がぐわっっと太くなると、血管浮き出て一層迫力が増した。俺の喉に向けて種が撃ち込まれたのが見えるような気がした。『飲め』命じられる間もなく、俺は喉を鳴らした。

さっきまで喉の奥に詰め込まれていたキンタマをガキがぐっと握ると、また種が溢れた。先端を舌で割って中に残った汁を吸いあげた。

『さすが、よくわかってるなあ』ガキは尿道に粉詰めると『こないだすげぇ効いただろ。粉を俺の汁で溶いたのが、兄貴の粘膜に直に蒔いてやったからな。兄貴、てめぇでケツ振りたてて、白目剥いてイッちまったぜ。俺もお返しに粘膜擦り切れるまで腰突き上げてやったから。』と、再び反りかえった竿をしごいて見せつけた。『今日は根元までくれてやってもいいすよ』

今回もまた俺はこいつの処理器具になっちまった。もうやめられない。
プロフィール

kun1234

Author:kun1234
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。